教育ローン最短借り入れできる?金利が低いおすすめ銀行は?
主婦目線の口コミ評価も集めました!
すぐに教育ローンを借りたい時、主婦でも最短融資して貰えるカードローンを教えます!
気になる方はぜひ見てください!

くわしくはここ→借りやすい教育ローンとは?審査通りやすい?【学費を借りる方法】

カードローン型と呼ばれる教育ローンについてご紹介します。
通常のカードローンとさほど違いはなく個人に与えられた限度額の範囲内なら借り入れや返済を自由に繰り返すことができるといったローンです。
普通のカードローンと何が違うかというと使途が教育資金に限られるということです。
信販会社や消費者金融に多い商品なのですが一部の銀行でもカードローン型を提供しています。
学費が明確になる初年度は一括借入れ型でいくら必要になるか読みづらい2年目以降はカードローン型が利用できる金融機関もあります。
学生本人が教育ローンを利用するというのは基本的にはできません。
学費が目的であってもローンはローンなので借主は貸借契約を結べる人間でなければいけません。
そのために融資を受ける人物が成人であることや安定継続した収入があることが認められる必要があります。
その上、今働いている職場を辞める予定がないことや家賃や光熱費などといった生活費を全て自分の収入で賄えていることも重要です。
国の教育ローンよりも銀行の教育ローンのほうが融資の可能性は高いと思います。
教育ローンの金利というものは、融資機関によってひじょうに差があります。
低金利なところでは1%台からありますが、高金利の金融機関では10%近いものもあります。
銀行の教育ローンの場合は口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。
金利の計算方法は2つの方法があって固定金利と変動金利があります。
近頃は低金利の時代ですので固定金利の方が低リスクと言われています。
教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から支払が始まります。
利息については借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息のみの返済でOKというローンもあります。
教育ローンの返済期間は長いローンでなんと、最長20年借入可というものがあります。
しかし、返済期間が長くなるほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。
教育ローンと言っても借金なので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。
アルバイトの方でも収入があれば教育ローンを借りることは可能です。
但し、ローンが組める人は20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。
また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数は2年以上は必要と言われています。
返済能力もローンを組む上で重要なポイントになりますので最低でも200万円以上の収入が必要になります。
いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金を申請した方が審査に通りやすいと思います。
医大などを目標にしている方は、教育ローンでいくらまで借りられるか?という事が気になりますよね。
いくらまで借りられるかは融資してくれる機関によって融資額は全然変わってきます。
国の教育ローンの場合、最大350万円まで借り入れが可能です。
民間銀行の教育ローンは300万円から1000万円程度が一般的です。
就学先が医学部、歯学部、獣医学部などの場合は、最大融資金額が3000万円という銀行もあります。
一方、信販会社の中には学校と提携して教育ローンを提供していることもあり、提携校によって融資額が変わります。
奨学と教育ローンの違いは何でしょう?
教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。
教育ローンは借主が保護者ですが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。
借り方についても2つのローンには違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月定額振込みが基本です。
利息についても違いがあって、教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金は在学中には発生しません。
返済開始の時期についてですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのですが、奨学金は卒業後から返済していくことになります。
国が融資してくれる教育ローンをご存知ですか?
国の教育ローンは日本政策金融公庫という政策金融機関が取り扱っています。
教育一般貸付と呼ばれるローンで、最高350万円までローンを組むことができます。
金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利ですので利子の不安は最小限と言えるでしょう。
所得や子供の数によって融資を受けられる所得の上限額が変わってきます。
使い道は民間の金融機関よりも幅広く修学旅行費用や、学生の国民年金保険料などにも使うことができます。
ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し相互扶助を目的に設立された非営利団体です。
銀行や信販会社といった営利目的では運営されていないため2から3%台の低めの金利が特徴的です。
融資限度額は1000万円から2000万円と、国の教育ローンと比較するとかなり高額でローンの返済期間は15年から20年と長期にかけて返済していくことになります。
ろうきんの会員以外の人でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されることが多いです。
地方の労金の場合になると、入学金や学費以外にも子供への仕送りや下宿代に利用することも許可しています。
教育ローンもローン契約なので利用するためには審査をクリアする必要があります。
審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までには全て用意しておく必要があります。
借入申込書はネット申請は不要ですが源泉徴収票などの収入を証明する書類は必ず必要です。
そのほか、運転免許書など本人確認書類や住宅ローン(家賃)、公共料金の領収書または支払いが確認できる通帳のコピーも必要です。
何より一番肝心な書類は在学証明であったり、合格が確認できる通知、入学許可書です。
教育ローンの融資の受け取り方法のひとつに全額一気に振り込まれる一括借入れ型があります。
分かりやすく言えば住宅ローンのように一括でまとめて受け取ることができるタイプの融資です。
銀行などはこの一括借り入れ型を採用しています。
一括借入れ型の特徴はローンの契約が成立すると同時に返済金額が確定となる事です。
返済計画が立てやすいというメリットがありますが追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。
高校生の学費といっても私立高校の場合、学費だけで年間70万円以上もかかります。
学費が払えないとどうなるか?最悪の場合、除籍や退学をさせられてしまいます。
高校は教育機関なので、すぐに除籍ということにはなりませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。
払えないときの解決策は借金になりますが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。
日本政策金融公庫が管理する教育一般貸付(国の教育ローン)なら低所得者の味方なので安心して借りることができます。
教育ローンの比較をする際はランキングサイトの利用がおすすめです。
わざわざ金融機関を回ったり資料請求する必要もありません。
金利や借入可能額については表になっているので簡単に比べることができます。
表の中には、来店する必要の有無やローンのお勧めポイントなどが掲載されていることもあります。
ランキングサイトから銀行のリンクが貼られていることが多いので手間が掛かりません。
教育ローンというローンをご存知ですか?
教育ローンとは借入の目的を教育関係の費用に限定されているローンです。
申請者は学生の親であることが多く学費や入学金などの支払いのために申請することが多いようです。
義務教育以上の学費や私立の小学校、中学校も教育ローンの対象になります。
教育ローンの融資を行っている金融機関は銀行やノンバンクが取り扱っています。
気を付けなければいけない点として融資先によっては、保育園の費用や習い事には教育ローンが適用されない事があります。
銀行の教育ローンというものは、一般的に低金利な商品が多いです。
ノンバンクのローンと比較すると融資金額も大いですしローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。
近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。
銀行口座を所有していなくても申し込めるローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。
給与振込の口座として使っていたりや住宅ローンを利用していると金利が割引になる銀行もあります。

関連記事